合宿免許はメリットデメリットを良く理解して

合宿免許で運転免許を取得する人が増えています。
郊外で楽しく免許が取れるとか、短期間で免許が取れるという点から時間を無駄にしたくない人や早く免許を取りたいという人に高い人気が有るものですが、そのメリットとデメリットを良く理解しておくことで、実際に自動車を運転する上で注意点なども理解することが出来るものです。

合宿免許のメリットは、郊外で楽しく免許が取れるとか短期間で早く取れるというところにあるのではありません。
実際に行われる教習内容は一般の自動車学校と全く同じであり、教官の指導も全く同じです。

何が異なるのかというと、一日の教習時間と走行する道路の環境が違うのです。



合宿免許では少ない人数で教習所を借り切って教習を行うため、決められた期間内で教習の全過程が終わるようにスケジュールが組まれています。

その為、一日の教習時間が長いのが大きなポイントです。

一般の教習所では一日2時間程度が最大ですが、合宿免許の場合には一日4時間以上もの教習が行われるのが一般的で、しかもこれが毎日続くため、短期間で取得が出来ることになるのです。



また、路上教習で使用する一般道は郊外のため交通量が少ない場合が多いため、スムーズに走行できることが多いのもポイントです。



通常の教習所の場合には交通量が多い道路を走行することも多いため、様々な予期せぬ事態に遭遇することも多いのですが、郊外の交通量の少ない道路ではその可能性が低いため、試験に合格する確率が高くなるのです。

但し、交通量の多い道路での走行の方法を教わることなく教習を終えてしまうことも多いため、実際に自分で運転する際には注意が必要になることも有ります。