合宿免許を活用して温泉療養を行う方法

世界的に見て日本には多くの火山があり、地震が発生する頻度が高い地域です。
自然災害が多い半面、日本各地に温泉が湧き出しています。
合宿免許の中には、教習所の近くにある温泉施設を無料で利用できる特典が付いているプランも少なくありません。


場合によっては毎日無料で近隣の温泉施設が利用できたり、宿泊施設が温泉旅館である場合もあるほどです。

多くの人は1泊2日または2泊3日程度の短期間の旅行で温泉を楽しみます。

短期間でも温泉に入浴することで気分転換になるかもしれませんが、どんなに優れた温泉でも2、3日程度の入浴で温泉の効果を期待することはできません。

温泉療養を行う場合には、少なくとも数週間にわたり毎日温泉に入浴し続ける必要があるのです。

現実の問題として、温泉以外に何もすることがない場所で2週間以上も滞在することはまず不可能です。



仮に時間があっても、多額の滞在費用が必要になります。


格安料金で温泉療養ができる方法があります。

それは、毎日温泉に入浴ができる合宿免許を利用することです。
普通自動車コースであれば、合宿プランの教習期間は2~3週間です。



この期間中に宿泊施設(温泉旅館)や近くの温泉施設で毎日温泉に入浴すれば、教習を受けながら本格的な温泉療養ができるのです。

宿泊費や食費を含む合宿免許プランの料金は、都市部で通学教習をするのとほぼ同じです。



通学または合宿プランを利用して教習所を卒業するのであれば、合宿を選択すると教習期間中の食費と滞在費が実質的に無料になるのです。

毎日温泉に入浴ができる合宿免許プランでも、他と比較して料金が特別高い訳ではありません。
合宿免許の機会を利用すれば、格安料金で本格的な温泉療養の体験ができるのです。