合宿免許と通学免許とは

自動車を運転するのが当たり前の時代になっています。


一昔前ではそこまで多くの人が乗るという時代ではなかったのです。
マニュアル車の運転はクラッチやギアの操作が難しいとされて、運転をするのにも大変であるというイメージがありました。
今はオートマ車が9割以上を占めているために、誰もが簡単に車を運転することができるようになっているのです。



これはオートマ車の普及だけが理由ではなく、自家用車を所有するにも経済的に余裕ができた人も出てきたことも関係しているのでしょう。



そこで車を運転するためには免許取得を目指すことになります。免許証を取得するには、合宿免許と通学免許があります。

合宿免許というのは、一定期間で泊りがけの講習を受けに行って集中的に免許取得を目指すというものになります。

それに対して、通学免許というのは従来通りで自分の空いている時間に講習を入れて、免許取得を目指していくというものになります。



これらの大きな違いとしては、講習の受け方や費用、日程などになります。
合宿ではすべての講習の日程が決まっています。

運転のための実技や学科の勉強をひたすらしていくようになります。


これが2週間程度で短期集中型で行うことができるようになるのです。


また、費用も通学免許よりもはるかに安いのです。

通学免許では2~3か月の時間がかかりますし、お金も30万円以上もかかるといわれます。


ですから、一定期間講習に集中できるのなら、合宿免許にするのもいいでしょう。