合宿免許が通学教習よりも安いカラクリ

合宿免許の基本料金の中には最短日数分の教習費用と宿泊費、食費が含まれています。

これらに加えて補習・再検定費用、卒業日数が延びた際の追加の宿泊費と食費、特典として貰える優待券などの費用まで含まれています。

それでも通学教習の基本料金(最低日数分の教習費用、初回の検定料のみ)よりも安い場合があります。合宿プランの基本料金から、食費・宿泊費用などを差し引いた分が教習所に支払われる教習料金となります。

教習費用として自動車学校が受け取る金額を比較すると、合宿免許では通学教習の半額程度しか受け取っていない計算になります。

合宿免許の教習料金が安いのには、ちゃんとした理由があります。
通学教習では、教習生が毎回の技能教習の予約を行います。繁忙期であれば予約が全部埋まって全教官が教習にあたりますが、繁忙期以外は枠が埋まらずに空き時間となってしまう教官が存在します。
オフタイムとなった教官は、空いた時間はのんびりお茶を飲みながら休憩することになります。
教習所は、オフタイムで休憩中の教官にも給料を支払わなければなりません。



教習車両や設備は使用しなくても維持・管理費用がかかります。

教習所の繁忙期は学校が休みの時期中だけで、1年のうち大半は技能教習の予約が全部埋まることがありません。



そのため通学教習のシステムは無駄が多く、無駄な経費が教習費用に転嫁されてしまうのです。
合宿免許は計画的に教習生を受け入れることができるので、無駄が出ないように時間割が組まれています。


技能教習の予約が埋まらずに空き時間となる教官が出ないので、無駄な経費が発生しないのです。



このため技能教習の質は同じでも、合宿免許であれば教習費用を安く抑えることができるのです。